ApplePay(アップルペイ)でPASMO(パスモ)が使える【使い方やチャージ方法/定期の対応状況】

 

編集長

「PASMOはApple Payで使えるの?」という疑問に対する結論ですが、Apple PayはPASMOを登録して利用可能です。
本記事では、Apple PayにおけるPASMOの使い方や定期券対応状況などを解説していきます!

【※PASMOをお得に使うなら※】

PASMOチャージにTo Me CARD Primeを使えば
0.5%還元+対象サービスでポイントの二重取りが可能!

[目次]

PASMO(パスモ)はApplePay(アップルペイ)に登録して使える!

出典:PASMO

早速ですが、Apple Payは2020年10月よりPASMOが使えるようになりました!

現状Apple Payに登録して利用可能な交通系電子マネーは以下の通りです。※2021年2月現在

  • PASMO
  • Suica

現状Apple Payで使えるのはPASMOとSuicaのみであり、ICOCAやPiTaPaといった他の交通系電子マネーには対応していません。

▶︎Apple PayでSuicaを使う方法の詳細はこちら!

Apple Pay(アップルペイ)はPASMO(パスモ)のチャージも可能!

なお、Apple PayはPASMOのチャージにも対応しています!

その具体的な方法ですが、まずはWalletアプリでチャージしたいPASMOを選択し、「チャージ」をタップして金額を設定しましょう。

あとは、支払いに使いたいクレジットカードを選択し、画面の案内に沿って決済すれば完了です!

※元々Walletアプリに登録しているカードでチャージが可能です!

Apple Pay(アップルペイ)のPASMO(パスモ)で定期券の購入・利用はできる?

Apple PayってPASMOの定期券機能も使えるの…?

と疑問に思う方も多いでしょうが、Apple PayはPASMOの定期券も利用可能です!

鉄道、バスそれぞれの定期券を1種類ずつ登録でき、Walletアプリ上での継続購入もできるので、スマホ1台での通勤通学・定期購入が実現するでしょう。

ただし、定期券の新規購入には別途「PASMOアプリ」が必要です。詳しくはPASMO公式サイトに記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

☘ こちらもおすすめ ☘

PASMO(パスモ)をお得に使うなら「To Me CARD Prime」がおすすめ!

というわけで、PASMOは多くのお店で決済に利用できますが、あなたがPASMOをお得で便利に使っていきたいのであれば、To Me CARD Primeへ登録すべきでしょう。

PASMOへのオートチャージが可能!

To Me CARD PrimeはPASMOへのオートチャージに対応しているクレジットカードであり、PASMOのチャージで0.5%のポイント還元を受けられます。

これなら、もう改札の手前で残高不足に気付き、都度チャージをするような必要もありません。

しかも、To Me CARD Primeは「PASMO一体型」のカードも発行できるので、これでPASMOとクレカを一緒に持てるメリットも生まれるでしょう。

PASMOでポイントを3重取りできる!

それだけではありません。

To Me CARD Primeでは「メトロポイントPlus」と呼ばれる独自のポイント制度が導入されており、東京メトロへの乗車やメトロポイントPlus加盟店での買い物にPASMOを利用すれば、お得にメトロポイントも貯められます!

なので、To Me CARD Primeを使ってPASMOへチャージした上で、メトロポイントPlusの対象サービスをPASMOで利用すれば、ポイントの二重取りが実現可能。

東京メトロのポイントサービス「メトポ」にも登録しておけば、「PASMOのチャージ+メトロポイントPlus+メトポ」でポイントの三重取りも狙えます!

PASMOや東京メトロを頻繁に利用する方であれば、登録しておいて決して損はないクレカだと言えるでしょう。

この機会に是非、To Me CARD Primeに申し込んでみてください!

 

To Me CARD Primeの概要

還元率
  • 通常0.5%
年会費
  • 2,200円(税込)(初年度無料)
    ※年間50万円以上の利用で次年度も無料
国際ブランド
  • JCB/VISA/MasterCard
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
    PASMOオートチャージサービス
  • PASMOと一体型で定期券の搭載も可能

Apple PayにおけるPASMOの使い方

では、Apple PayでPASMOを使う方法を順番にチェックしていきましょう。

  • Apple Payにすでに持っているPASMOを登録する
  • Apple PayでPASMOを新規発行する
  • ApplePayのPASMOを使って街のお店で決済する
  • ApplePayのPASMOで電車やバスに乗る

Apple Payにすでに持っているPASMOを登録する方法

すでにお持ちのPASMOをApple Payに登録する場合、まずはWalletアプリ右上の追加ボタンをタップして、「交通系ICカード」から「PASMO」を選択しましょう。

次に、「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップして、PASMOカードの裏面に記載されているPASMO ID番号の下4桁を「PASMO ID番号」、記名式PASMOやPASMO定期券を追加するときは生年月日を入力します。

利用規約等に同意したら、Phone の上部をカードの中央部の上に置いてください。

しばらくして情報の転送が終了すれば、PASMO登録の完了です!

Apple PayでPASMOを新規発行する方法

Apple Payで新しいPASMOを作成して登録する場合、まずはWalletアプリ右上の追加ボタンをタップして、「交通系ICカード」から「PASMO」を選択しましょう。

次に、PASMOにチャージしたい金額を指定して、画面の案内に従って支払いすれば完了です!

ApplePayのPASMOを使って街のお店で決済する方法

Apple PayでPASMOを使って街のお店で決済する方法ですが、店員さんに「PASMOで」と伝え、店舗側の読み取り端末にApplePayのPASMOの画面を表示してかざすだけで完了します。

なお、PASMOは代表的なコンビニである「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」をはじめ、全国の飲食店やドラッグストアなど多くのお店で利用可能です!

▶︎PASMOが使えるお店の一覧はこちら!

ApplePayのPASMOで電車やバスに乗る方法

Apple PayのPASMOで電車やバスに乗る場合、Touch IDやFace IDなしで、ICマークのついた読み取り部にしっかりタッチするだけです。

正常に読み取りが完了すれば「ピ」または「ピピッ」と音が鳴り、完了しなかった場合は「ピピピピピ」と警告音が鳴ります。

なお、Apple PayでPASMOを利用する場合、画面ロックを解除したり、Walletアプリを立ち上げたりする必要はありません。

まとめ:ApplePayでPASMO(パスモ)を使って便利な暮らしを始めよう!

  • PASMOはApple Payに登録して利用可能
  • Apple PayならPASMOの定期券も使える
  • PASMOをお得に使うならTo Me CARD Primeがおすすめ

以上、Apple PayはPASMOを登録して利用可能です!

現状交通系電子マネーでApple Payに対応されているのはPASMO・Suicaのみなので、対象サービスを頻繁に使う方はこの機会に登録しておきましょう。

なお、あなたが少しでもお得にPASMOを使っていきたいのであれば、To Me CARD Primeへの登録がおすすめです!

To Me CARD PrimeならPASMOへのオートチャージもできるので、改札で残高不足に気付いてあたふたすることもなくなるでしょう。※もちろんApple Payにも登録可能

ぜひこの機会にTo Me CARD Primeを登録してみてください!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X