Amazonでd払いの利用や認証ができない理由を解説【25%還元の買い物方法も教えます】

 

編集長
この記事では、Amazonでd払いの利用や認証ができない理由について紹介していきます。
「Amazonでd払いができないのはなぜ…?」といった疑問を解決していくので、ぜひ参考にしてみてください。

【※d払い利用者必見※】

d払いでお得に支払うなら...
最大25%還元実施中
dカード一択!

マイナポイントと合わせれば50%還元も実現可能。

▼詳細はこちらでチェック!

dカード+マイナポイントで最大50%還元

※こちらのキャンペーンは終了しました。

dカード+マイナポイントで最大50%還元

※こちらのキャンペーンは終了しました。

[目次]

Amazonでd払いができない理由は?

d払いはAmazonに対応しているはずなのに、何度やっても支払いできない…。

とお悩みの方も多いかもしれませんが、d払いはAmazonでの利用に関して条件が定められており、どうしても使えないケースがあります。

なお、Amazonでd払いができない理由は以下の通り。

  • 1:Amazonでd払いが使えるのはドコモユーザーのみ
  • 2:対象支払い方法は電話料金合算払い(携帯決済)のみ
  • 3:一部の商品はd払いに対応していない
  • 4:電話料金合算払い(携帯決済)には上限がある

これらを順に解説していきます。

1:Amazonでd払いが使えるのはドコモユーザーのみ

まず、Amazonでd払いが使えるのはドコモユーザーのみです。

Q:ドコモ回線を持っていなくてもAmazonでd払いは使えますか?
A:Amazonにおけるd払いはドコモ回線をお持ちで、spモード契約をされている方がご利用になれます。
参照:d払い

なので、ドコモの携帯以外の方は、残念ながらAmazonでd払いは利用できません。

2:対象支払い方法は電話料金合算払い(携帯決済)のみ

また、ドコモユーザーでもd払いの支払い方法を「電話料金合算払い」に設定していなければ、Amazonでd払いを利用できません。

電話料金合算払いのみご利用いただけ、dポイントもしくはd払い残高での充当が可能です。クレジットカードでのお支払いは、現在ご利用いただけません。
参照:d払い

電話料金合算払いとは、d払いの支払いを月々の携帯代金に合算して支払う方法であり、ドコモの回線契約を持つ人が対象です。

なので、ドコモユーザーの方がAmazonでd払いを使うなら、支払い方法を「電話料金合算払い」に設定しておきましょう。

3:一部の商品はd払いに対応していない

Amazonでは、一部d払いでの決済に対応していない商品があります。

【Amazonでd払いできない商品】

  • Amazonギフト券
  • kindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツ
  • Prime Nowでの注文
  • Amazonフレッシュでの注文
  • Amazon Pay利用分の支払い
  • 定期おトク便の注文
  • Kindleコンテンツの注文以外の1-Click注文

上記の商品購入時にはd払いができないので、注意しておきましょう。

4:電話料金合算払い(携帯決済)には上限がある

なお、ドコモの電話料金合算払いには利用金額に上限があり、決められた金額までしか利用できません。

年齢 上限金額
19歳以下 1万円/1ヶ月
20歳以上 1万円〜10万円/1ヶ月

※利用状況により上記以外の金額が設定される可能性もあります。

電話料金合算払いの利用額が上限を超えている場合もAmazonでd払いができないので、自身の上限額は事前に確認しておくようにしてください。

Amazonでd払いの認証ができない場合はどうすればいい?

Amazonでd払いを使う際の認証(初期設定)ができないんだけど…。

とお悩みの方もいるかもしれませんが、Amazonでd払いの認証を完了させるためには、ドコモ回線のスマホ・タブレットから「spモード」でのアクセスが必要です。

つまり、Wi-Fiネットワークを利用したアクセスや、PCからのアクセスでは認証できないので注意しておきましょう。※認証後の決済はWi-FiネットワークでもOK

▶︎Amazonでd払いの設定を行う方法の詳細はこちら!

Amazonでお得に買い物するなら「dカード」がおすすめ!

というわけで、ドコモユーザーでなかったり、電話料金合算払いが使えなかったりという方は、残念ながらAmazonでd払いを利用できません…。

 

編集長
そこで、あなたがAmazonで少しでもお得に買い物したいなら、d払いの代わりに「dカード」を使っていくのがおすすめです!

今なら25%のdポイントが還元される!

dカードを使えば100円につき1円相当(1%)のdポイントが貯まるので、Amazonでもお得に還元を受けられますが…

今なら入会時の利用特典として、5,000ポイントを上限としたdポイントが付与される”25%還元キャンペーン”が開催されています!

なので、dカードをAmazonで使えば、2万円までの支払いで5,000円分が実質タダで買い物できちゃうんですね。

そして今ならマイナポイントのキャンペーンも実施されており、d払いまたはdカードでマイナポイントに申し込んで利用すれば、最大6,000円のdポイントが付与されます!

d払いを選んで※12万円分チャージまたはお買物すると dポイント合計 6,000円分付与 dカード選択ならdポイント合計5,000円分付与 マイナポイント上限5,000円分付与 d払い特典 上限1,000円分※2進呈 dポイント(期間・用途限定)※3

つまり…dカードで得られる2つのキャンペーンを組み合わせれば、総額最大11,000円のキャッシュバックも夢ではありません!

dカードポイントUPモールを利用すればAmazonでの買い物がさらにおトクに!

さらに、dカードは「dカードポイントUPモール」を経由して買い物すればポイント還元率が倍増するので、いつでもお得にネットショッピングが可能です!

対象ショップは、Amazonをはじめ、楽天市場ヤフーショッピングからSHOPLIST、ユニクロ、トイザらス、高島屋など主要なサイトが勢揃い。しかも、その還元率は最大で10.5倍。

なお、dカードなら、d払いと組み合わせてポイントの二重取りも実現可能です!

 

編集長
上記のように、d払いの支払い方法をdカードに設定すれば、常時1.5%~2%の還元率を維持できます。日頃からd払いを愛用しているあなたには大きなメリットでしょう。

というわけで、dカードを使えばAmazonでの買い物でdポイントを貯められる上、いつものd払いをさらにお得に使えます。

各キャンペーンを利用できる今のうちにぜひ、dカードへ申し込んでみてください!

 

dカードの概要

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(合計最大4,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
  • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,000円分のdポイントが付与
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

まとめ:Amazonでd払いができない理由まとめ

【Amazonでd払いができない理由】

  • 1:Amazonでd払いが使えるのはドコモユーザーのみ
  • 2:対象支払い方法は電話料金合算払い(携帯決済)のみ
  • 3:一部の商品はd払いに対応していない
  • 4:電話料金合算払い(携帯決済)には上限がある

以上がAmazonでd払いができない理由についてでしたが、現状d払いはAmazonでの利用に条件が定められており、全てのユーザーが使えるわけではありません。

なお、ドコモユーザーでない・電話料金合算払いができないといった理由でd払いをAmazonで使えない方は、代わりにdカードを使っていきましょう。

dカードなら”誰でも”Amazonでお得に買い物できる上、各キャンペーンの組み合わせで総額最大11,000円のキャッシュバックも狙えます。

ここまでの還元率を得られる機会は滅多にないので、早めに申し込んでおいてください!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X