おかねの知識ハイキングおかねの知識ハイキング
  • 初級初級
  • 中級中級
  • 上級上級

d払いとドコモ払いの違いは?【お得に支払いたいならd払いを選ぼう!】

 

編集長

本記事では、d払いとドコモ払いの違いについて徹底解説していきます。
さっそく結論ですが、ドコモ払いよりも『d払い』がお得でおすすめです!
両者の違いを踏まえた上で、ドコモ払いよりもd払いの方がお得な理由について解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【※d払い利用者必見※】

d払いでお得に支払うなら…
最大25%還元実施中のdカード
一択!

マイナポイントと合わせれば50%還元も実現可能。

▼詳細はこちらでチェック!

[目次]

ドコモのd払いとは?

d払いは、いわゆる『QRコード決済サービス』のひとつで、支払い時にアプリのQRコードをかざせば簡単に決済できます。

 

d払いの概要

還元率
  • ネットでの利用で1%
  • 実店舗での利用で通常0.5%
特長
  • ドコモユーザー以外でも利用可能
  • Amazonでのネットショッピングにも利用可能
  • ドコモユーザーであれば電話料金合算払いも選択できる
  • dカードを登録して支払えばdポイントの二重取りが可能
支払い方法
  • クレジットカードで支払う
  • 電話料金合算払いで支払う
  • ドコモ口座で支払う
  • dポイントで支払う
使える代表的なお店
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • ポプラ
飲食
松屋 / 上島珈琲店 / TGIフライデーズ / ステーキ尾松
居酒屋
和民 / 三代目鳥メロ / ミライザカ / 坐・和民
家電量販店
エディオン / Joshin / ケーズデンキ / ビックカメラ
セキュリティ体制
  • ドコモユーザーは回線認証が適用される
  • ドコモユーザー以外もdアカウントによって厳重に管理される
こんな人におすすめ!
  • ドコモユーザーで電話料金と一緒に支払いしたい方
  • dポイントを前から貯めていたような方
  • 実店舗だけでなくネットショップでもたくさん利用していきたい方
▶︎d払いのメリット・デメリットの詳細はこちら!

d払いを使えばdポイントを貯めれるので、よりお得に買い物をしたい人にはおすすめです。

d払いはこんな人におすすめ!

  • ネットショッピングだけでなく実店舗の決済でも使いたい
  • dポイントを貯めたい・使いたい
  • 10万円以上利用したい

スマホさえあれば、財布がなくても買い物ができるのも魅力のひとつ。年会費や決済手数料などが一切かからないため、1円も損をしないで始められる決済方法です。

ドコモのドコモ払いとは?

ドコモ払いとは、対応サイトでのネットショッピングやゲームへの課金代金を携帯料金と合算して支払う方法のことです。

ドコモ払いはこんな人におすすめ!

  • ドコモユーザー
  • dポイントなどを貯めなくても良い
  • 特定のインターネットショップだけで利用したい
  • クレジットカードを持っていない
  • 毎月の携帯料金と一緒に支払いたい
  • 素早く決済を済ませたい

使用できるのはネット上の支払いのみで、その使用方法はネットショッピングの支払い方法の選択時に『ドコモ ケータイ払い』を選択して暗証番号を入れるだけ。

d払いと違ってスマホアプリのインストールや設定をしなくても簡単に利用できるのがメリットです。

d払いとドコモ払いの5つの違い

d払いとドコモ払いには明確な違いが「5つ」ありますが、その違いをざっと表にまとめると以下です。

d払い ドコモ払い
ドコモ回線 不要 必要
支払い方法
  1. クレジットカード
  2. dポイント払い
  3. 携帯代金との合算
  4. ドコモ口座
  1. 携帯代金との合算
  2. ドコモ口座
利用できる範囲 ネットショッピングと実店舗 ネットショッピングのみ
dポイント 連動している

  • 実店舗:200円につき1ポイント
  • ネットショッピング:100円につき1ポイント
連動していない
利用可能金額 クレジットカードの限度額まで 最大10万円まで

これは結論ですが、決済方法としておすすめなのは『d払い』です。

d払いはドコモ回線が不要で誰でも使える上、支払い方法や利用範囲のバリエーション、限度額、ポイント還元と、どれを取ってもドコモ払いに比べて軍配が上がるでしょう。

それを踏まえた上で、以下より具体的に両者の違いを見ていきます。

その1:ドコモ回線が必要かどうかの違い

d払い ドコモユーザーでなくても使用可能
ドコモ払い ドコモユーザーのみ使用可能

まず挙げられる大きな違いとしては、ドコモ回線が必要かどうかです。

d払いはアプリをインストールしてアカウントを作成すれば誰でも利用可能ですが、ドコモ払いはドコモ回線を使用している人しか利用できません。

ドコモ払いはドコモの携帯代金と一緒に請求されるので、他のキャリアの人は請求できません。

その2:支払い方法の違い

d払い
  1. クレジットカード
  2. dポイント払い
  3. 携帯代金との合算
  4. ドコモ口座
ドコモ払い
  1. 携帯代金との合算
  2. ドコモ口座

次に、両者では支払い方法の種類が異なります。

ドコモ払いは『携帯代金との合算』『ドコモ口座』でしか支払えませんが、d払いはこの2つに加えて『クレジットカード』『dポイント払い』も選択できます。

利用状況に合わせて支払い方法を選べるのがd払いの大きなメリットです。

あなたも、知らないうちにdポイントが貯まっていってるのではないでしょうか?人によってはポイントの使い道がわからず、有効期限を迎えてしまうこともあるかと思います…。

しかしd払いであれば、このポイントを毎日の買い物で使えるので、ポイントを無駄にすることなく、お得に買い物ができるでしょう。

その3:利用できる範囲の違い

d払い
  1. ネットショッピング
  2. 実店舗
ドコモ払い
  1. ネットショッピング
  2. ネット上の課金

3つ目の大きな違いですが、ドコモ払いは利用範囲がネットショップに限定されてますが、d払いはネットショッピングだけでなく実店舗でも利用できます。

d払いなら、あなたもよく訪れるであろうコンビニやドラッグストア、家電量販店などでのお買い物でも決済に使えます。

一方で、ドコモ払いは対応しているネットショッピングやゲームへの課金の決済にしか利用できません。ドコモ払いは実店舗では一切使えないため、注意が必要です。

その4:dポイントが使えるかどうかの違い

d払い dポイントが使える
ドコモ払い dポイントが使えない

4つ目の違いは、dポイントが使えるかどうかです。

d払いの場合、実店舗での支払い200円につき1ポイント、ネットでの支払い100円につき1ポイントのdポイントが貯まります。

一方で、ドコモ払いはdポイントとは連動していません。

そのため、いくら使ってもdポイントは貯まりませんし、保有しているdポイントを使うこともできません。

せっかく買い物をするなら、ポイントを活用してお得に支払いをしたですよね。そういった意味ではドコモ払いよりもd払いの方が断然おすすめです。

その5:利用可能金額の違い

d払い クレジットカードの限度額まで
ドコモ払い 最大10万円まで

最後の違いは、利用可能な金額の上限です。

d払いは、登録しているクレジットカードの限度額まで利用可能です。

そのため、毎日の買い物で使っても限度額を気にする必要はありません。

一方でドコモ払いは、ドコモの審査によって決められた金額までしか使えません。

契約年数が長く料金の滞納などがない場合でも、利用限度額は最大10万円までとなっています。

ゆえに、日用品などを購入するために使っていると、あっという間に限度額に達してしまうこともあるでしょう。

支払い金額が多くなりがちなメインの決済方法には、ドコモ払いよりもd払いの方が向いていると言えます。

少しでもお得に支払いたいならd払いがおすすめ!

ここまでの内容を踏まえ、d払いが向いている人はこちらです。

  • ネットショッピングだけでなく実店舗の決済でも使いたい
  • dポイントを貯めたい・使いたい
  • 10万円以上利用したい

誰でも利用できて実店舗でのキャッシュレス決済に利用できるのが、d払いの大きなメリットです。

dポイントとも連動しているので、ドコモユーザーの場合はさらにお得に使えるのも嬉しい点。

使えば使うほどポイントが貯まるので、毎日の支払いをd払いにするとお得度がグッと上がります。

d払いに「dカード」を使えばdポイントの二重取りも可能!

少しでもお得にポイントを貯めながら支払いたい…。

と考える方は、d払いにdカードを登録して支払うのがおすすめです。

dカードを使えば25%還元が受けられる!

dカードは利用金額の1%がdポイントで還元されるので、d払いと組み合わせればポイントの二重取りも可能ですが、dカードを使って得られるメリットはそれだけじゃありません!

現在dカードでは、入会時の利用特典として5,000ポイントを上限とした25%還元という驚異のキャンペーンを実施中です!

つまりdカードを使えば、5,000円分が実質タダということに。

d払いでマイナポイントに申し込めば6,000円が還元される!※2021年9月30日まで

d払いで「マイナポイント」を申し込んでチャージまたは買い物すれば、4,000円分を上限に支払額の15%が還元されます!

▶︎マイナポイントについて詳しく知りたい方はこちら! 

さらに、マイナポイントにd払いを選択して買い物&チャージすれば、最大2,000円分のdポイントも上乗せされます。

d払いで合計6,000円相当の還元を受け取りたいなら、期間中にマイナポイントに登録し、d払いで2万円分のチャージまたは買い物をしましょう。

dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

合計11,000円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

もはやこのチャンスをものにせずして、いつものにするのかというレベルです。

少しでもお得にdポイント貯めていきたい方は、是非dカードを登録してみてください!

 

dカードの概要

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(合計最大4,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
  • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,000円分のdポイントが付与
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

ドコモユーザーでネット支払いをしたい人はドコモ払いがおすすめ!

対して、ドコモ払いがおすすめな人はこちらです。

  • ドコモユーザー
  • 特定のインターネットショップだけで利用したい
  • クレジットカードを持っていない
  • 毎月の携帯料金と一緒に支払いたい
  • 素早く決済を済ませたい

ドコモユーザーでネットショッピングなどの支払いを素早く済ませたい人は、ドコモ払いがおすすめです!

決済方法を選んで暗証番号を入れるだけなので、たった数秒で決済が完了しちゃいます。

ポイントの管理やアプリの設定などが面倒

クレジットカードを持っていない

という人でも、ドコモ払いなら気軽に利用可能です。

またドコモ払いでは、dポイント還元祭などのキャンペーンが開催されていることがあります。

普段の支払いではお得にはなりませんが、キャンペーン開催中のときは利用してみても良いかもしれません。

まとめ:お得さを求めるなら「d払い」がイチオシ!

d払いとドコモ払いの違いをおさらいしておきましょう。

d払い ドコモ払い
ドコモ回線 不要 必要
支払い方法
  1. クレジットカード
  2. dポイント払い
  3. 携帯代金との合算
  4. ドコモ口座
  1. 携帯代金との合算
  2. ドコモ口座
利用できる範囲 ネットショッピングと実店舗 ネットショッピングのみ
dポイント 連動している

  • 実店舗:200円につき1ポイント
  • ネットショッピング:100円につき1ポイント
連動していない
利用可能金額 クレジットカードの限度額まで 最大10万円まで

以上を踏まえて、決済方法としておすすめなのはダントツで『d払い』でしょう!

理由としては、決済方法として選ぶだけでdポイントが貯まるから、つまりは「お得だから」です。

毎日の買い物の決済方法を現金からd払いに変更するだけで、0.5〜1%のポイントが貯まります。

なお、d払いはdカードと組み合わせるとdポイントの二重取りが可能なので、毎日のお支払いをお得にしたいという人は、この機会にd払いとdカードの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X