【使い方】ApplePayでイオンカード(WAON一体型)を登録する方法【オトクな支払い方法も紹介】

本記事では、Apple Payにイオンカード(WAON一体型)を登録する方法や実際に支払う方法について紹介します。

ApplePayにイオンカード(WAON一体型)を登録する方法や使い方を知りたい…。

といった疑問に答えていくので、是非参考にしてみてください!

[目次]

Apple Pay(アップルペイ)はイオンカード(WAON一体型)に対応している

iPhoneやAppleWatchからスマホ決済ができるApplePayですが、Apple Payはお得にポイントを貯められるイオンカード(WAON一体型)に対応しています。

 

イオンカード(WAON一体型)の概要

還元率
  • 0.5〜1%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • 今なら対象のカード新規ご入会・ご利用、イオンウォレットご登録でポイントがもらえる期間限定キャンペーン実施中!
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
その他主な特典や特徴
  • イオングループ対象店舗だと通常のポイント還元率が2倍に
  • 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」は全国のイオングループ店舗で5%OFF
  • 毎月10日は「ときめきWポイントデー」でポイント還元が2倍に

イオンカード(WAON一体型)はApple Payで使っても支払い金額に対して0.5%の「ときめきポイント」が還元されるので、従来通りお得なポイント還元を維持しつつ、カード不要で便利なスマホ決済ができるのです。

Apple Pay(アップルペイ)にWAONは対応している?

じゃあ、ApplePayでWAONカードは使えるの…?

イオンカード(WAON一体型)を既に利用している方なら、カードで貯まったポイントを電子マネーとして使えるWAONポイントも同時に使っている場合が多いのではないでしょうか?

ですが結論、Apple PayではWAONカードに対応されていません。

ApplePayに対応する電子マネーは現状「Suica」や「QUICPay」「iD」などで、「WAON」や「Edy」「nanaco」「PASMO」などは利用不可能です。※2020年3月現在

イオンカード(WAON一体型)をApple Pay(アップルペイ)に設定する方法

Apple Payにカードを設定する方法は動画でも解説しています▼

イオンカード(WAON一体型)をApple Payに追加する方法は簡単です。

iPhoneから「Wallet」アプリを開き、右上の「+」をタップして「続ける」を選択します。

次の画面にて「クレジット/プリペイドカード」を選択し、カードをカメラからスキャンする、もしくは手動でカード番号を書き込むなどしてカードを登録してください。

その後画面の指示に従い登録を完了させましょう。

なお、イオンカード(WAON一体型)はiDに対応しているので、Apple Payから支払う場合は「iD」で支払う形となります。

↓支払う際はこの画面を出して店員さんに提示しましょう。

なので、お店で支払う際は、「iD(アイディー)で」と一声かけて支払うようにしてください。

まとめ:イオンカード(WAON一体型)を使ってApple Payで便利に決済しよう!

  • イオンカード(WAON一体型)はApple Payに登録できる
  • イオンカード(WAON一体型)をApple Payで支払えばお得に「ときめきポイント」を貯められる

以上、イオンカード(WAON一体型)はApple Payに登録して支払えますが、WAONカードはApple Payで使えないので注意しておきましょう。

是非イオンカード(WAON一体型)で便利に支払ってみてください!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X