【悲報】ドンキホーテで楽天ペイは使えない【楽天Edyなら対応してます】

本記事では、ドンキホーテで楽天ペイが使えるのかについて紹介していきます。

ドンキホーテって楽天ペイが使えるの…?

と疑問に思っていた方は、是非参考にしてみてください!

[目次]

結論:楽天ペイはドンキホーテで使えない…

早速結論ですが、楽天ペイはドンキホーテでの支払いに対応していません。

現状ドンキホーテで対応されている支払い方法は以下の通り。

【クレジットカード】

VISA MasterCard JCB AMEX
ダイナーズ 銀聯

【電子マネー】

楽天Edy iD QUICPay

【交通系電子マネー】

Suica PASMO manaca SUGOCA
TOICA nimoca Kitaca ICOCA
はやかけん

ご覧のように、現状ドンキホーテではQR決済に未対応です…。

楽天ペイではなく「楽天Edy」ならドンキホーテでも使える!

なんだ、ドンキホーテは楽天ペイが使えないのか…。

と残念に思ってしまったかもしれませんが、楽天Edyならドンキホーテでも使えます。

つまり楽天ポイントを貯めている方なら、楽天Edyで代わりに支払えるということ。

さらに楽天Edyなら200円の支払いごとに1円相当(0.5%)の楽天ポイントが貯まるので、「ドンキで楽天ポイントを使いたい、貯めたい」という方は楽天Edyを使うと良いでしょう。

ドンキホーテで高いポイント還元を狙うなら「majica」を使おう!

残念ながらドンキホーテで楽天ペイは使えませんが、ドンキでの支払いで高いポイント還元を狙いたい方は、独自の電子マネーである「majica」を活用しましょう!

majicaは独自のランク制度によって支払い時のポイント還元率が決まりますが、1年間の累計買い物額が100万円を超えると「3%」が還元されます。

さらに、1円単位の支払い金額をカットしてくれる「円満快計」を活用したり、家電製品やブランド品の一部を会員価格で購入したりできます!

なので、頻繁にドンキホーテへ行く方は、majicaを一枚作っておいて損はないでしょう。

結論:ドンキで“もっとお得に”買い物するなら「マジカドンペンカード」を使おう!

そして、あなたがドンキで少しでもお得に決済していきたいのであれば、最大5,000円分のmajicaポイントがもらえるマジカドンペンカードがおすすめです!

マジカドンペンカードはmajicaとクレジットカードの一体型

マジカドンペンカードは上述した電子マネー「majica」としても機能しますが…

majicaアプリに登録したマジカドンペンカードを使って国内のドンキホーテでクレジットカード払いすれば、200円につき3ポイント(1.5%)が還元されます!

なお、majicaへチャージして支払った場合は、200円につき2ポイント(1%)が還元されます!

今なら新規入会で最大5,000円分のmajicaポイントがプレゼントされる!

さらにマジカドンペンカードでは新規入会で最大5,000円相当のmajicaポイントがもらえるキャンペーンも開催されています。

各条件をクリアすれば満額の5,000ポイントが受け取れますが、新規入会&クレジット利用5,000円以上×6ヶ月で最低4,000Pはゲットできるのでご安心ください。

これまで頻繁にドンキホーテへ訪れていた方は、ぜひこの機会にマジカドンペンカードを申し込んでみてください!

 

マジカドンペンカードの概要

還元率
  • 通常0.5〜1.5%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • 最大8,500円分豪華プレゼントキャンペーン
国際ブランド
  • JCB
  • MasterCard
対応電子マネー
  • majica
その他主な特典
  • 国内外約20万箇所のホテルやツアー、レンタカー、レジャー、グルメ等のサービスが会員特別価格で使える。
  • ショッピング安心保険:90日間補償&1品1事故最高100万円

まとめ:ドンキホーテでは楽天ペイが使えない

以上、楽天ペイは現状ドンキホーテで使えません。

楽天Edyを使えば楽天ペイで貯めたポイントを使うことはできますが…

あなたがドンキホーテで少しでもお得にポイントを稼ぎたいのであれば、ドンキで最大1.5%還元&最大5,000ポイントをタダでゲットできるマジカドンペンカードを使いましょう!

マジカドンペンカードならmajicaとしても機能するので、有利な会員価格で買い物できます。

ぜひマジカドンペンカードを登録してみてください!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X