PayPayはエディオンで使える【最大20%還元を実現させる方法も教えます】

 

編集長
「エディオンでPayPayは使える?」という疑問に対する結論ですが、PayPayはエディオンで利用可能です!
本記事では、エディオンでPayPayを使いながら、最大20%還元をゲットしていく為の「ポイント活用術」について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPayカードでチャージすれば
最大1.5%が還元される!

しかも、今なら新規入会で最大3,000円相当がもらえる▼

[目次]

PayPay(ペイペイ)はエディオンで支払いに使える!

PayPay

QRコードを用いてスマホ決済ができるPayPayですが、結論PayPayはエディオンで決済に利用可能です!

なお、エディオンの店頭で使える決済手段は以下の通り。

  • 現金
  • クレジットカード

【スマホ決済】

  • PayPay
  • メルペイ
  • au Pay
  • d払い
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • Alipay(店舗による)
  • We Chat Pay(店舗による)

【電子マネー】

  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QuicPay

上記のように、ケーズデンキではPayPay以外にもLINE Payやメルペイといった主要なスマホ決済に対応しています。

PayPayはエディオンのネットショップでも使える!

なお、PayPayはスマホ決済の中で唯一「エディオンネットショップ」でも利用可能です!

以前までは、ヤフーが運営する「PayPayモール」内にある「エディオンPayPayモール店」の1店舗のみしか対応していませんでしたが、2020年9月1日より公式のエディオンネットショップでも利用可能となりました。

 

編集長
ただし、エディオンのネットショップで対応されている支払い方法は「PayPay残高払い」のみなので、PayPayを使いたいなら銀行口座からチャージしておきましょう!

エディオンでPayPay(ペイペイ)を使った際のポイント還元率は?

では、エディオンでPayPayを利用した場合に得られるポイント還元率を確認していきましょう。

エディオンの店頭でPayPayを使えば最大1.5%のポイント還元を受けられる!

2020年4月1日開始 PayPay決済でおトク! PayPay STEP

PayPayは「PayPay残高」もしくは「PayPayカード」で支払えば最大1.5%のPayPay残高が還元されます!

PayPayのポイント還元率は「PayPayステップ」と呼ばれる独自のポイント還元制度に基づいて決まりますが、これはPayPayを利用すればするほど還元率が高くなる仕組みです。

エディオンでTポイントカードも提示すればポイントの二重取りが可能!

エディオンでは「Tポイントカード」も使ったり貯めたりでき、会計時に提示すれば200円につき1ポイント(0.5%)が貯まります!

なので、エディオンの会計時にTポイントカードを提示した上でPayPayで支払えば…ポイントの二重取りが実現するでしょう。

その場合の実質還元率は「Tポイント(0.5%)+PayPay(0.5〜1.5%)」で合計1~2%。

しかも、PayPayならモバイルTカードと連携できるので、わざわざ別でTカードを差し出すことなくスムーズな支払い・ポイント獲得が可能です!

▶︎PayPayにTカードを登録する方法はこちら!

PayPayモール内のエディオンなら最大20%のポイント還元を受けられる!

さらに、ソフトバンクスマホユーザーが「エディオンPayPayモール店」でPayPayを利用すれば、最大20%のポイント還元を受けられます!

なお、最大20%の還元を受けるには以下の条件をクリアする必要があります。

なんだ、お得なのはソフトバンクスマホユーザーだけか…。

と残念に思われた方も多いでしょうが、ソフトバンクスマホユーザーでない場合でも、PayPayモールでPayPayを利用すれば”常に”最大4%の還元率を得られます!

エディオンでPayPayを使ってお得に還元を受けたいという方は、「エディオンPayPayモール店」で買い物すると良いでしょう。

ひと手間加えてPayPayをパワーアップさせよう【結論:PayPayカード】

PayPayを利用するなら、PayPayカードには必ず入会しておきましょう!

PayPayカード以外のクレジットカードも使えるんじゃないの?

たしかにPayPayカード以外のクレジットカードもPayPayの支払先に設定できますが、旨味が減ってしまうのがネック。

PayPayカードをPayPayの支払先に設定することで無理なく還元率を1.5%にまで上げることができるのは大きなメリットです。

PayPayステップの条件が厳しいと感じても、PayPayカードがあれば大丈夫!

がんばらなくても自動で還元率が上がるのですから、入会しておいて損することはありません。

年会費も永年無料なので、「もらえるポイントより年会費のほうが高かったらどうしよう」という心配も無用です。

最大3,000円相当のPayPayポイントが簡単に手に入る

現在、PayPayカードでは、新規入会特典として最大3,000円相当のPayPayポイントがもらえます!

PayPayの還元率を手軽に引き上げられるだけでなく、ポイントまでもらえるのですから乗らない手はありません。

PayPayカードのメリットは入会特典だけじゃありません【チャージも一瞬】

入会して利用するだけで最大3,000円相当ものPayPayポイントがもらえますが、メリットはそれだけではありません。

PayPayカードには次の2つのメリットもあります!

  • PayPay残高にチャージできる
  • お得なキャンペーンへの参加権利

PayPayカードを持っていれば、残高不足で会計のときにモタモタして、後ろで並んでいる方と店員の方からの「早くしろよ…」という無言の圧力にさらされる心配は無用。

随時開催されるPayPayのキャンペーンにも参加しやすくなるので、おトクに買い物できるチャンスが増えることも見逃せません。

まだPayPayカードを持っていない方は、快適なキャッシュレスライフを送るために申し込んでおきましょう。

くどいようですが、年会費も永年無料なので持っておいて損することはありません。

 

PayPayカードの概要

還元率
  • 1~5%
年会費
  • 永年無料
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
こんな人におすすめ!
  • PayPayで残高の還元や各種プロモーションに参加したい人
  • Yahoo!ショッピングで頻繁に買い物する人

まとめ:エディオンでPayPayをお得に活用しよう!

というわけで、エディオンはPayPayでの支払いに対応しており、Tポイントカードも提示すればポイントの二重取りも実現します!

エディオンPayPayモール点の最大20%ポイント還元も見逃せません。

PayPayの支払先をPayPayカードに設定するのも忘れずに行っておきましょう!

新規入会特典の最大3,000円相当のPayPayポイントを見逃してしまうのは損と言えます。

さらに還元率も底上げされるため、デフォルトのPayPayと比べると非常にパワフルなのも見逃せません。

繰り返しになりますが、まだPayPayカードをお持ちでない方は今のうちにPayPayをカスタマイズしておきましょう!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X