【注意】メルペイスマート払いで延滞手数料300円が設定される【5月利用分から】

メルペイスマート払いで延滞すると手数料を請求されるようになる

メルペイの利用料金を後払いできる「メルペイスマート払い」だが、2020年5月利用分から、精算期限を超過し延滞した場合に限り、延滞事務手数料300円を請求する。

延滞事務手数料の発生日は毎月1日、15日となっており、メルペイスマート払い精算期限の翌月から発生する仕組みだ。

例えば、5月利用分の請求期限は6月だが、翌月の7月1日時点で支払いが確認できない場合は請求金額に延滞事務手数料の300円が加算され、7月15日時点でも確認できない場合はさらに300円が加算される。

精算期限を超えた場合の支払い方法は「コンビニ/ATM」のみとなっており、自動引落としやメルペイ残高、口座振替では支払えないので注意が必要だ。

なお、メルペイスマート払いの利用料金をコンビニやATMで支払う時は、精算時手数料としてさらに300円が加算される。

メルペイの後払いは精算期限を守れば手数料無料で利用可能!

メルペイスマート払いでは、上述した「延滞事務手数料」の他に、精算時に300円の「精算時手数料」が発生するが、この手数料は精算方法を銀行口座からチャージした「メルペイ残高」に設定すれば無料になる。

つまり、利用料金の精算方法を「メルペイ残高」に設定した上で、期限を守って精算すればメルペイスマート払いの手数料は完全に無料だ。

なお、精算時手数料が無料になるのは精算方法を「メルペイ残高」に設定した場合に限り、「コンビニ/ATM払い」「口座振替」で精算する場合は300円の手数料が発生する。

メルペイスマート払いは月に何度利用しても翌月1回の精算で済ませられ、利用金額の上限を自分で設定することができるので、都度チャージする手間を省ける上に使い過ぎも防げる便利な後払いサービスだ。

「クレジットカードがないけど後払いを利用したい」「手数料無料で後払いを利用したい」という方は、メルペイスマート払いを「残高払い」で活用すると良いだろう。

メルペイスマート払いの関連記事はこちら!

▶︎メルペイスマート払いとは?メリットや設定/手数料/支払い方法を解説

▶︎メルペイスマート払いの審査にかかる時間や利用上限が決まる仕組みは?

メルカードでメルカリをもっとお得に使おう!

申し込んでみました。ナンバーレスで盗み見の心配もなし!

メルカードはフリマアプリのメルカリが発行するクレジットカードです。

メルカリが発行しているので、メルカリユーザーがお得に買い物できるようになっている点は見逃せません。

もしあなたが少しでもこんな風に思っているようなら、メルカードを持っていないと損するかもしれません。

  • メルカリでさらにお得にお買い物をして家計を楽にしたい!
  • もっと高い還元率のクレジットカードが欲しい!

ただでさえお得に買い物ができるメルカリですが、メルカードを使うとさらにお得感がアップします。

メルカードの3つのメリット

メルカリとメルカードのコンボで不用品売買にこんな革命がもたらされます。

  • 最大還元率4.0%
  • 毎月8日は還元率+8.0%
  • 売上金でメルカード利用金額を支払える

まず、メルカードは基本還元率が1.0%ですが、メルカリ内の利用に限り還元率は最大4.0%にまで跳ね上がります。なお、還元率はメルカリの利用状況に応じて変動します。メルカリで賢く中古品を買うほど、さらにお得に買い物できるようになるでしょう。

次に、毎月8日の還元率+8%イベントも見逃せません。先ほど紹介したメルカリ内の利用と組み合わせると、なんと最大12%の高還元率です。既存のクレジットカードでここまで高還元してくれるものは見たことがありません。ひと月あたりの付与上限は300ポイントという制限があるものの、還元率1.0%のクレジットカードと比べると圧倒的にコスパ良くポイントを貯められます。

300ポイントを貯める場合

  • 還元率1.0%のクレジットカードの場合
    →3万円の買い物をしないといけない
  • メルカードの場合(毎月8日の還元率+8%イベント時)
    →3,750円の買い物でOK!

最後に、メルカリでの売上金でメルカードの利用金額を支払えるのも大きなメリットです。なぜならメルカリを使って中古で買って、中古で売ることを繰り返せば自分のお金を手元に残しやすくなるためです。浮いたお金で資産を買っても良し、ちょっとした贅沢をしても良し、自己投資をしても良しといった具合に選択肢がグーンと広がるでしょう。

メルカードの2つのデメリット

メルカードはメルカリに特化しているがゆえに、既存のクレジットカードと比べると不便と感じる点がいくつかあります。

  • 国際ブランドはJCBのみ
  • 旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しない

国際ブランドはJCBしか取り扱いがないので、海外で使うケースを想定したり、コストコなどのJCBブランドは利用できない店舗では不便と感じるでしょう。一方、国内の利用のみならば日常生活で不便と感じることはほぼないと言えます。

また旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しないので、「安全性に問題があるのでは?」と心配する人もいます。しかし、メルカードの利用上限額は最大50万円であることと、メルカリアプリから利用停止・再開の手続きをできるので過度に心配する必要はないでしょう。

メインで使うクレジットカードとしては物足りないですが、メルカリで買ってメルカリで売って家計を楽にするためのサブカードとしては申し分ないスペックなのでイチオシです。

メルカードの概要

メルカードでメルカリをパワーアップさせよう!
還元率1.0%〜4.0%
年会費永年無料
国際ブランドJCB
限度額最大50万円/月
こんな人におすすめメルカリでもっとお得に買い物したい人
メルカリで頻繁に買い物する人

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X