【海外で使える】ApplePayはマスターカードも登録可能【おすすめクレカも紹介】

本記事では、ApplePayに対応しているマスターカードやおすすめのクレジットカードについて解説していきます。

本記事を最後まで読めば、ApplePayに登録できるマスターカードや、海外でもマスターカードを登録したApple Payが使えるのかについて知れるので、是非参考にしてみてください!

[目次]

Apple Pay(アップルペイ)はMasterCard(マスターカード)にも対応している!

出典:Apple

iPhoneやAppleWatchなどからキャッシュレス決済ができるApplePayですが、Apple Payは代表的な国際ブランドである「MasterCard(マスターカード)」の付いたクレジットカードにも対応しています。

Apple Payで使えるマスターカードは「iD」や「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクトレス)決済」などに対応されているクレジットカードです。

出典:Apple

ん?iD?QUICPay…?

と迷われてしまったかもしれませんが、各クレジットカードによって「iD」や「QUICPay」といったような電子マネーが付与されており、これらの電子マネーを使ってApple Payから決済します。

(※一部のクレジットカードはこれらの電子マネーに対応していないものもあります。)

仮にあなたがMasterCardを持っていたとすれば、上記の電子マネーに対応しているか確認して登録してみてください!

MasterCardコンタクトレス対応のカードを登録すれば海外でもApple Payが使える

MasterCardをApple Payに登録して海外でも使えるの…?

頻繁に海外旅行へ行く方ならこんな疑問もあると思いますが、結論「MasterCardコンタクトレス」に対応するマスターカードなら海外でもApple Payで利用可能です。

MasterCardコンタクトレスはマスターカードの決済サービスであり、以下のようなマークがあるお店ならApple Payに設定して決済できます。

なお、MasterCardコンタクトレス決済に対応しているクレジットカードは三井住友カードやビューカード、ジャックスカードと様々であり、Apple Payに登録すればすぐに海外で利用可能です。

Apple Payにクレジットカードを登録するならVISAよりMasterCardがおすすめ

Apple Payに対応するクレジットカードの国際ブランドは「VISA」や「MasterCard」や「JCB」と様々ですが、Apple Payの機能を堪能したいなら、できるだけVISA以外の国際ブランドを使うと良いでしょう。

え、なんで…?

と思われたかもしれませんが、VISAは以下3つのサービスがApple Payで使えません。

VISAはアプリやWEBサイトでApplePayの支払いに使えない

2019年12月現在、ApplePayではVISAブランドのカードを使ったアプリやWEBサイトでの支払いができません。

本来ApplePayはWEBサイトやアプリ内での課金やショッピングにも使えますが、現状VISAではそれらの支払いに未対応なので注意が必要です。

VISAだとApple PayからSuicaにチャージできない

VISAだとApplePayからSuicaへのチャージにも使えません。

Suicaの専用アプリである「モバイルSuica」ならVISAでも登録してチャージできるので、VISAをお持ちの方はモバイルSuicaからチャージしてみてください!

▶︎ApplePayのSuicaに関するチャージ方法の詳細はこちら!

VISAだとApplePayを使って海外で支払えない

VISAだと海外でApplePayを登録して支払うこともできません。※2019年12月現在

現状海外でもApplePayが使えるとされているのは「JCB」「MasterCard」「アメックス」といったブランドとされており、VISAでは使えないので注意が必要です。

Apple Payをお得に使うなら25%還元実施中の「dカード」がおすすめ!

Apple Payを使って少しでもオトクに決済したいなら、現在25%還元キャンペーンを実施しているdカードがおすすめです!

dカードの25%還元キャンペーンにおける最大還元額は5,000円なので、20,000円までの支払いで実質5,000円がタダ。

d払いでマイナポイントに申し込めば6,000円が還元される!

d払いで「マイナポイント」を申し込んでチャージまたは買い物すれば、4,000円分を上限に支払額の15%が還元されます!

▶︎マイナポイントについて詳しく知りたい方はこちら! 

さらに、マイナポイントにd払いを選択して買い物&チャージすれば、最大2,000円分のdポイントも上乗せされます。

d払いで合計6,000円相当の還元を受け取りたいなら、期間中にマイナポイントに登録し、d払いで2万円分のチャージまたは買い物をしましょう。

dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

合計10,000円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

どうせなら、50%OFFで決済したい…。

という方は、是非安心と信頼のNTTドコモが提供しているdカードに登録してみてください!

 

dカードの概要

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(合計最大4,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
  • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,000円分のdポイントが付与
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

Apple Pay(アップルペイ)にマスターカードが登録できない場合

あれ、マスターカードがApple Payで使えない…。

という方は、自身のiPhoneやApple Watch、そして登録しようとしたクレジットカードがApple Payに対応しているか確認しておきましょう。

Apple Payに対応しているiPhoneデバイスは、「Face ID」または「Touch ID」が搭載されたもののみで、Apple Watchの場合だApple Watch Series1および2以降となっています。

また、Apple Payに対応するクレジットカードは「iD」や「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクト)決済」などの電子決済に対応しているもののみなので、お使いのクレジットカードがそれらに対応しているのか再度確認してみてください!

まとめ:MasterCard(マスターカード)からApple Pay(アップルペイ)でお得に決済しよう!

以上、今後Apple Payを使っていくなら、iDやQUICPay、タッチ決済などに対応したマスターカードのクレカを登録して支払っていきましょう。

なお、Apple Payで少しでもお得に支払っていきたいのであれば、現在期間限定で25%還元を開催しているdカードを使っていくのがおすすめです。

dカードなら、Apple Payでの支払いも実質25%OFFでできますからね。

是非この機会にdカードを使ってみてください!

執筆者プロフィール

ペイ編集長
キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

お届け人

βライフ編集スタッフ

βライフ編集室

お金の知識・情報を紹介するサイト「βライフ」をオープンしました!

親しみやすさ、分かりやすさを第一に、お金について今まで学んでこなかった人でも楽しく自然にお金の知識を身につけられる、そんなサイトを目指しています。

お金で苦労しない自由な人生を手に入れるためのお手伝いができればうれしいです。

タグ

ご利用ガイド

βライフ公式 SNS

βライフの最新情報はこちらからキャッチできます
βライフ公式 X